不動産査定の必要書類について

漏れがないよう十分な注意を払う必要があるでしょう

そのうちの一つは、自分が所有している土地や物件に関する基本的な情報を証明する書類ですが、その中には登記簿謄本や公図、測量図、建物の図面などが含まれています。
登記簿謄本とは、誰がどこにある何坪の建物を所有しているかを証明するための書類のことです。
この書類は法務局で入手することができます。
公図に関して言えば、これは土地の形状を証明することに加え、道路や水路、さらには隣接地との位置関係を示す図面のことです。
法務局で乳することもできれば、インターネットで入手することもできます。
また測量図とは土地の登記記録に付随する図面のことで、土地の形状に加え、面積や測量方法などが記載されているのが特徴です。
さらに建物の図面とは、物件購入時に受け取った間取りなどが分かるパンフレットや、建築時の設計図、もしくはリフォーム時の図面といったものが含まれると思います。
これらの他にも、権利書と呼ばれる書類が必要となる場合がありますが、これは法務局によって発行されるものです。
では、不動産会社と面談して詳細査定を依頼したいと思う場合の必要書類には、一体何が含まれるのでしょうか。
そのうちの一つは、物件の所有者を確認できるものとして、身分証明書や住民票、実印や印鑑証明書といったものです。
物件の名義が一人であるなら、その人自身の確認書類があれが十分ですが、仮に共有名義になっているような場合であれば、名義人全員分の書類を用意しなければなりません。
加えて、権利に関する確認書類として権利書や売買契約書、さらには建物そのものに関係する確認書類としては、建築確認済証もしくは検査済証、また工事記録書や建築設計図書、他にも境界確認書や土地測量図といった書類が必要となります。
このようにかなり多くの書類を準備しておく必要があるため、漏れがないよう十分な注意を払う必要があるでしょう。

まず考えておきたいのは査定の目的ですしっかりと対応してもらうためには最低限の書類を用意しておく事が得策漏れがないよう十分な注意を払う必要があるでしょう